顔にできた目立つほくろは美容クリニックで除去できる!

サイトメニュー

ほくろができる原因

女性

ほくろができる原因は紫外線

鏡で顔を見ている時に、いつの間にかほくろができている事はありませんか?ほくろは加齢と共に増えていく事もありますが、ほくろが多いと顔が老けて見えてしまうのでお世辞にも美容に良いとは言えません。病院でほくろを除去しても、ほくろを増やしてしまう行動を続けてしまうと、除去した部位にまたほくろができる事もあります。なので、ほくろが再発しないようにアフターケアを行うのを忘れないようにしましょう。ほくろができる、増える原因は紫外線です。母斑細胞によって、メラニンが生成されて、ほくろは作られていきます。メラニンには紫外線から肌を守る役割を持っているので、長時間紫外線を浴びてしまうと肌を守る為にメラニンが生成され、ほくろが出来上がってしまいます。メラニンの生成を防ぐには紫外線対策をする事です。基本的な事ですが、外へ出る前に日焼け止めクリームをしっかり塗ったり、外出する際は日傘や帽子を使用したりする等、紫外線対策をする事で、メラニンの生成細胞の働きを弱める事ができますので、ほくろができにくくなります。紫外線を浴びないようにすればほくろだけではなく、シミやシワなどの様々な肌トラブルを防ぐ事ができますよ。紫外線を浴びてしまったら、肌の保湿をしましょう。肌のダメージが蓄積されると肌の老化が進んでしまうので、ほくろができやすくなります。肌にたっぷり水分を与える事で、ターンオーバーが正常化されるので、古い細胞が排出されて、ほくろができなくなります。外側をケアするだけではなく、体の中もケアをしましょう。メラニン色素を抑えてくれるビタミンCやポリフェノールが含まれている野菜や果物を摂取していくとほくろが出来にくい肌になります。ストレスが蓄積されるとホルモンバランスが乱れてしまうので、肌が荒れて、ほくろができる事もありますので、ストレスを溜め込まないようにしましょう。1番良いのは運動をすることです。激しい運動じゃなくても、ウォーキングなどの軽めの運動でも構いません。運動をすると血流が良くなりますので、肌の新陳代謝を高める事ができます。代謝が良くなれば、ターンオーバーの正常化されるので、新しい肌へと生まれ変わらせる事ができます。適度に体を動かしていると健康にも良いですし、ストレスも発散されますので、一石二鳥ですよ。