顔にできた目立つほくろは美容クリニックで除去できる!

サイトメニュー

カウンセリング

病院で行っている治療方法

病院では切開とレーザー治療でほくろを除去してくれます。しかし、ほくろの大きさや数、種類によって治療方法は異なってきます。切開とレーザー治療のメリットやデメリットを理解した上で、どっちの治療を受けるか判断しましょう。

医者と看護師

クリームでほくろを治療

切開やレーザー以外にほくろを除去できる方法がもう1つあります。それはクリームを使って、ほくろを取り除く事です。簡単にほくろを除去できますが外国産のクリームなので、説明書をよく確認してから使用しないと肌が荒れる危険性があります。

女性

自宅で除去する時の注意

ほくろが小さく、色が濃くなければ自宅で治療する事はできます。ただし、カミソリや針などで無理矢理ほくろを除去してしまうと肌を傷つけてしまいます。自分で除去をする場合は、肌トラブルが起きないように除去方法を間違えないようにして下さい。

女性

ほくろができる原因

病院でほくろを除去したら、ほくろが再発しないようにケアをしましょう。ほくろは紫外線によってできます。ほくろを増やさないようにする為に紫外線対策をして、スキンケアをしっかり行いましょう。

女性

ほくろの毛

ほくろによっては毛が生えてくる場合もあります。もし、毛を除去するのであれば抜くのではなく、ハサミで切るようにしましょう。無理に抜いてしまうと母斑細胞が過剰に活性してガンになる危険性があるからです。

ほくろの種類

女医

ほくろのタイプを知っておこう

ほくろには様々なタイプがあります。色や形によって種類もたくさんあり、年齢によってはほくろが増えたり、大きくなったりする事もあるのです。ほくろにはどんなタイプがあるのか知っておくと、良性か悪性か判断がつくようになりますよ。ほくろの種類は、真皮層と表皮層の間に存在する母斑細胞のどこにほくろができているかによって決められます。ほくろは盛り上がっているか、平になっているかでタイプが分けられます。母斑細胞が表皮と真皮の境界線の近くにある境界母斑が、皮膚に沿った平らなほくろを作っていきます。平らになっているほくろには、クラーク母斑やスピッツ母斑があります。クラーク母斑とは、体の至るところにできやすく、生まれつきついている事が多いです。悪性ではないので、放置しても問題はありません。最初は薄い褐色ですが、年齢と共に色が濃くなっていきます。大体のほくろはクラーク母斑である事が多いです。スピッツ母斑は、クラーク母斑と同じようにほくろは平らになっています。しかし、色は少し濃いので、悪性のほくろとの区別が難しいのが特徴です。出っ張ったほくろは、平らなほくろと違い、膨らみがあり、ミーシャー母斑とウンナ母斑、2つの種類があります。母斑細胞が真皮層にあればミーシャー母斑というほくろになります。真皮に向かって、細胞が逆三角に分布されているのが特徴です。ウンナ母斑は、膨らんでいる皮膚組織の表面がザラザラしていて、ひび割れを起こしている状態になっています。出っ張ったほくろは平らなほくろと比べて、目立ちやすいので、美容目的で病院で除去する方が多いです。自分の顔や体にできたほくろがどんな種類になるのか、判断が難しい場合は、医師に診てもらうと安心ですよ。肌に黒や褐色が痕があるものは全てほくろと判断する方も多いですが、中には病気を引き起こすほくろに似たものもあります。悪性黒色腫(メラノーマ)は、ほくろによって現れるガンで、放置してしまうと大きくなり、腫れや痛みが出る事もありますので、早急に病院で対処する必要があります。ほくろの中には放置しても大丈夫な事がほとんどですが、悪性のほくろだ色が変わっていたり、ほくろがある部位に小さなぶつぶつができてたりします。ほくろによって、がんができるケースはありますので注意して下さい。